1947、親になる no.131、はじめての二人二泊三日 no.4、結局別にそれ自体はそんなに大変ではない

By | 2019年9月5日
Pocket

あけて、2019/08/23(金)、ある意味貴重というか珍しいと言った方がいいか、な平日の休み。
普段は下手すると私が起きる05:30に起き、そのまま寝ないこともあると聞いていた息子だけど、
この日は私が自然と眼を覚ました8時ころまで一緒に寝ていた模様。

いやね、夜中に起こされて、相方が起きてまた寝かすのに小一時間かかったとか、
なのにあなたは起きない、みたいなことをちょいちょい言われてまして、
いやいや、起きないんだからしらんがな、と思っていたわけなので、
ほんとは息子が起きて泣きわめいていたけど、私が起きなかったので、
泣き疲れてか、諦めたのか、また寝た、ということもあったのかもしれないが、
まあ、私は起きていないので知らん。

まあ、昼間二人で過ごすのは、やれ美容院だ、やれ病院だと、もうなんだかんだと一緒にたびたび経験しているので、
特に困ることもなく朝ご飯を食べてもらい、適当に映像を見せている間に、私も食事。
相方的にはこんなことになるとは思っていなかったこともあり、
とても他人にはお見せできない散らかりっぷりを改め認識。
息子を騙し騙ししながら、部屋の片づけやら、食器洗い、洗濯などをしていたらあっという間に時間が流れ、
平日の面会は13時からと、ちょうど到着。
私のお昼はスーパーで買ったサンドイッチをあえて駅のホームで食べた。

面会、さすがに手術あけ翌日の病人はまだ様々な動作がうまくいかないらしいものの、
私のことはおいといて、息子の顔を見ると嬉しいのだろうし、
息子も母にあえて嬉しいのだろう、と思う。

さりとて、一般的に病院の面会なんてものは基本的にすることがなく、
夕方遅くなると私がまたしんどいということで、早々に帰宅。
読者には申し訳ないけれど、昨日の経験がありますので、
お風呂食事寝かしつけもつつがなく済み、特に何も起こらない二日目でした。

結局、必要最低限、食う寝る遊ぶとしている分には、別にそんなに大変ではないんだが、
問題はそうではなくて、それ以外のことは何一つ出来ない、ということであります。
まあ、食事の準備とか着替えとかがちゃんとあるからそんなことも言えるわけだがさ。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です