Author Archives: なおみ

2277、親になる no.173 はじめての独身貴族最後の日

2018/08/07(金)、年に5日の計画休で家でだらだらし、朝から立ち食いうどんを食べ、先ほど平日しかやっていない店巡り、
よせばいいのに、天ぷら中山で天丼を食べてきたら思いのほか量が多く、最近逆食もひどいのもあり、
ただいま吐き気を我慢しながらの執筆。

そんなわけで、山の日の三連休と合わせ、明日10時大宮でレンタカーを拾い相方の実家へ、
相方と子供二人を乗せ人形町に戻り、レンタカーを水天宮へ乗り捨て、という段どり。
まあ、電車で帰ってもいいのだけど、今後の家族旅行の下調べ的に、どのサイズのレンタカーでありなのか確認しつつと、
言っても荷物が大量なので、宅急便で送るにしたって結構な金額になるぞと。

というかタイトルと趣旨がかわってきているが、そんなわけで、独身貴族最後の日でありまして、
昨日は新宿御苑のいまゐ、いっぷく、カルーソーと懐かしの新宿の店を一人パトロールをし、
今日の夕食はどうしようかと画策するも、とりあえず天丼に負けそうながら、家の掃除もせんとなと、
そんな一日であります。

2276、立ち寿司ホルモン 新鮮や! 3.54、実際は店を間違えたわけで

2018/03/15(木)に相方と長男退院、以降は相方の両親がお祝いに来ていたのと、母親はしばらく残り、
家事を手伝ってくれたりと、さらに以降は長男の写真だらけで、一か月検診までは外出することもなく、
子育てについてのエトセトラは、親になるシリーズで書いたであろうから、そちらに譲り、
というかその間は、食事制限をしていた相方のリクエストにできるだけ応えるべく、
生モノ中心に高島屋の地下で結構いいものを買って帰ったりしたのだけど、
その写真は一枚も見当たらないことから、綺麗さっぱり胃袋に消えた模様、

月日は流れ、2018/04/14(土)、はじめての三人での外食、立ち寿司ホルモン 新鮮や!、3.54

看板メニューの一つ、うに・いくらこぼれ盛り、1,700円、

にぎり5巻+生ビール1,000円、

かに味噌きゅうり400円、

赤貝、1皿2貫400円、

名物まぐろづくし2,000円、大トロ・中トロ・ホホ肉・づけ鮪・赤身・ネギトロ

ということでコスパよし、鮮度もまあまあでこの後も、我が家ではうに・いくらこぼし、という名前で呼ばれる店となるんだが、
実は系列が難波に数店ありまして、ここはうちから近くないといか、どっちかというと一番遠いとこでありまして、
間違えてこっちに来た、という落ちであります。

2275、病院食とお祝い膳

2018/03/07(水)、長男が誕生なので、3/6(火)から14(水)まで相方は入院していたわけだけど、
その間の写真というと、長男やら見舞いに来た人にまじって、胎盤やらへその緒でありまして、
掲載に耐えられなく、まあなんとなく撮影されたであろう、食事達、

そういえばこないだ、同じ時期に子供を産んだ友人夫妻と話した際に、
病院を選ぶ基準も気にすることもなかったので、
結果、料理が美味しそうなところにした、という話があったっけ

そんなわけで、子供が産まれたなかったら、そんなことの存在もしらないもので、

お祝い膳なるものある病院がおそらく増えてきたと想像する、

たしかに見た限り、単純に品数が多かったり、祝い要素を感じさせるものの、

食べたいかと言われれば、別に、と。

2274、ぎふや本家、3.51、結局串カツの差はあまりわからない

2018/03/04(日)、いよいよ二人で最後の外食ラスト、大阪らしいもので子連れで行きづらい、
串カツと言えば、新世界、串カツの店はたくさんあるんだけど、人気店はホントに行列が凄く、
何が違うのかよくわからないまま、面倒なので、ぎふや本家、3.51
>【創業 大正5年】串カツの老舗ぎふや本家。老舗の創作串カツを是非お召し上がりください。

左から、串かつ(牛)?150円、海老300円、蟹なんだろうけどメニューにない、アボカド?150円、紅生姜200円

ホルモン?150円、玉葱150円

アスパラ320円、蓮根180円、後はわからん

ここは串カツ以外のメニューも豊富なので、観光客は並ばなくていいし広いし、こういう店で十分かと思う。

2273、鰻 にしはら、3.82、(行った限り)関西一の鰻

この日は二人で最後の週末ということで特別な御馳走でありますね、
御馳走と言っても凄く高い、ということではなく、とにかく予約が取れないと、
鰻 にしはら 3.82、相方がなんとか予約を取り、開店の17時に行くと、すでに「本日終了」の看板、
というか常にそうみたい。

鰻はもとより時間のかかるものであるのもあり、この店は基本的に決まっていたら予約の時に料理も頼んでおいてねと、
これは、かみしも盛700円、うなぎみそ、かぶと焼、むこう骨焼、ヒレ巻、

白焼3,200円、

うまき2,200円、

中が見えない写真を撮るんじゃないと指摘し、相方再撮影、

普段は頼まないけど、美味しかったので、うざく2,200、というか、これで後は蒲焼で制覇だからか、

この再撮影はなんだべ?いずれにしろ、具だくさん、

うな丼中(一匹)4,100円、

漬物、きも吸付、

以上、さすがに他の料理に比べれば安くはないけど、鰻って下手すると2万とか5万の店もあり、
まあ、そういう店で食べたことは無いものの、ここは、少なくとも関西では食べた店で一位なのは間違いない。
さて、予約が取れない、というか電話が繋がらない、という話が多いのだけど、何のことは無い、
1時間ちょっと店にいた間が、ずっと電話が鳴りっぱなしなんだけど、店員二人は全く電話に出る気がない、という作りであります。
聞こえないようにするとか、そもそもかからないようにしてしまえばいいのにと思うものの、
飲食店ってのは美味しければ大概のことは許される、ということなんだろう。
そういえば、骨せんべい400円、が美味しかったので、持ち帰りもしたのだった。
そうそう、ここは関東風とうたっていて、静岡で修行してた人らしんだけど、
結局関西で食べる美味しい店はなんか関東風の店が多いと思われる。
つまり、鰻は、腹からでも背中からでもいいけど、蒸した方がいいってことだな。

2272、松屋、3.47、和牛川西行きつけ?

2018/03/03(土)、この日は午前中から「空海」という映画を観ますので、
ここはNGKのそばにある立ち食いそば屋でなくうどん屋、松屋、3.47、

かけうどんと

親子丼のセットで450円、

ところで、大阪のローカル番組で、和牛とアインシュタインとアキナの三組でやっていた番組があり、
こっちでもテレビ埼玉なんかでやっていたので観たのだけど、この店が出ていまして、
各々が自称行きつけの店に行き、よく来る芸人として、店の人に名前をだしてもらえばよい、
という企画があったのだけど、和牛の川西はこの店を指定、
おそらく今までであれば何百人というタレントが来ている店だと思われ、
当然の如く彼の名前は出なかったのでした。
天才肌の感じするけど、天然的要素もあるよね、川西って。
いずれにしろ好きだけどさ。

2271、源氏、3.54、海苔の扱いが酷い

こうして二人で外食できる週末の夜もしばらくはないと、〆に蕎麦などと、源氏、3.54、

二件目なので食べるものも限るわけだが、海苔を頼んで出てきたのがこれ、
通常の大判の海苔を半分にしたものが5枚、
ラーメンにだって、このサイズで出てこないし、
蕎麦屋で海苔頼んでさ、このサイズはなくない?

そんなわけで、その後食べた蕎麦は決して悪いものでもなかったんだろうが、
そんなものは何のフォローにもならず、この店の評価は、2.5、
蕎麦を提供する店として、極めて残念です。

2270、にと、3.50、休業中の模様

2020/03/02(金)、出産前最後の週末、
裏なんば、にと、3.50、ただいま食べログ掲載保留中、休業中の模様

よくわからんが、キムチラー油250円?

春キャベツのアンチョビソース、

鰤?

ビーフシチューとバゲット400円、白いが、

メンチカツ?

安くていい感じのお店だったかと

2269、重亭、3.70、盛合せがあれば人はそっちを頼むと思う

2018/02/25(日)ランチ、難波の老舗洋食、重亭、3.70、
難波だろうが、日本橋だろうが、歴史のある街には優秀な老舗洋食屋がいくつかあるもんだが、
今更ながらここは、写真にある通り、洋食ではなく、欧風料理、

一番人気はハンバーグステーキ1,200円なんだけど、これはミニバーグ盛合せ940円、
お店のお姉さまは、これだとハンバーグちょっとしかないよと、普通のを勧めてくれるが盛合せにするだろう普通、
しかも、盛合せの方がやすいんならなおのこと

オムライス830円、

玉子入野菜スープ410円、

リーズナブルで雰囲気ももちろん味もよい、さすがの良店。

2268、ぎょうざ専門店 2号店、3.45、もっとあってもよさそうな餃子専門店

正宗屋の後珍しくはしご、ぎょうざ専門店 2号店、3.45、

困ったことに写真がこれしかなく、セットのドリンクとキュウリともやしナムル、餃子は・・・
今更ながらビールと餃子は素晴らしいものの、餃子専門店ってもっとあってもよさそうだけど、
そこまでの数がない印象。
まあ、そこまで需要が実はない、ってことなんだろう。
というか結局さすがに餃子のみって飽きるってことなんだろう。
変わり種餃子みたいなものを混ぜたところで。

ところで、ここは結構美味しかった。